いとうあさこ時間内ゴールはできず!【24時間テレビ】のマラソンは視聴率稼ぎ?

テレビ

【24時間テレビ】が昨日終了しました。今年のラストは『24時間駅伝』と銘打った、ほぼマラソンの駅伝。4人がたすきをつなぐ、大変な走りだったようです。4人の方々、本当におつかれさまでした。そのなかでアンカーのいとうあさこさんは時間内にゴールできなかったことを謝罪したということでした・・

【24時間テレビ】恒例のマラソン

【24時間テレビ】。

毎年恒例のチャリティ番組で、日本テレビ系列局が放送しています。


2019年の今年はマラソンを『24時間駅伝』と銘打って駅伝形式で行う、と事前に発表されていました。


4人全員がフルマラソンの距離でなく、2人がフルマラソンの42.195キロ、あとの2人が32.195キロでした。


3人目までは日本テレビの番組内で発表していましたが、ラストの1名だけは当日発表ということで期待度を高めていました。


いろいろなところで予想が飛び交っていたようです。


4人のランナーは、お笑い芸人 ハリセンボンの近藤春菜さん、同じくガンバレルーヤのよしこさん、いとうあさこさん、日本テレビアナウンサーの水卜麻美アナウンサーでした。

なお、フルマラソンの距離を走ったのはいとうあさこさんと水卜麻美アナでした。

いとうあさこの走り

4人のランナーはそれぞれ猛暑のなかベストを尽くしたと思います。

そのなかでもアンカーのいとうあさこさんにはかなりのプレッシャーが掛かっていたとおもいます。

それは【24時間テレビ】の放送時間内にゴールするということです。

終盤ではいとうあさこさんの走りへのエールが高じて、観客の妨害行為か?と思われるくらいの事態も起きていたようです。

それでもいとうさんは走りつづけました。

時間内ゴールはならず謝罪

結局、時間内ゴールはならず、あとの番組中でゴールシーンを映しました。

アンカーのいとうあさこ(49)が25日午後8時58分、42.195キロを完走して東京・両国国技館にゴールした。番組放送時間に間に合わず「時間内にゴールできなくてごめんなさい」と謝罪した。

引用 ORICON NEWS 『24時間駅伝』アンカー・いとうあさこがゴール 4人合計148.78キロ完走、嵐も祝福

フルマラソンを走りきったいとうあさこさんには敬意を表します。

時間内にゴールできなくても、いとうさんには胸を張って「走りきった!」だけを言ってほしかったです。

彼女は根が真面目なのでしょう。

時間内にゴールできなかったことを謝らずにはいられなかった。

だとすれば。

こういった状況をつくりだしてしまった番組の構成に少々疑問が残ります。

フルマラソンの長い距離を最後までたすきでつなぎきったメンバーに謝らせるような状況は作ってほしくなかった

私には、フルマラソンを走りきって謝るいとうあさこさんが不憫に見えました。

24時間テレビのマラソンは視聴率稼ぎ?

24時間テレビのマラソンは視聴率稼ぎなのでしょうか?

そうあってほしくはないです。

『24時間駅伝』アンカーのいとうあさこはわずかに間に合わず放送時間内にゴールすることができなかったが、後半の25日午後7時~8時54分の番組終了までの最終パートは27.6 %。国技館へのラストスパートで瞬間最高視聴率39.0% (25日、後8:51)を記録。

引用 ORICON NEWS 『24時間テレビ』視聴率16.5%で歴代13位 あさこゴールできずも27.6 %

 24時間テレビの視聴率は、16.5%(関東地区)、いとうあさこゴールできるか?で最大視聴率39%を叩いたそうです。

テレビ局にとって視聴率は確かに大事でしょう。

いとうあさこさんが結果的に遅れたことで視聴率を大きくジャンプアップさせることができたのかもしれません。

今回のことも、怪我の功名だったのかもしれません。

ですが、【24時間テレビ】はチャリティ番組という位置づけです。


マラソンが今後も続いていき、過酷さを増していくのであれば、
せめてランナーたちに晴れ舞台を用意してほしい。

必ず番組内でゴールできるお膳立てをしてほしいと切に願います。

特に今年のような駅伝形式ならなおさらです。

まとめ


・24時間テレビの24時間駅伝は放送時間内にゴールできず
・ゴール後アンカーのいとうあさこはゴールできなかったことを謝った
・チャリティ番組らしく、視聴率度外視でアンカーには時間内にゴールさせてあげてほしい

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント