宇垣美里の性格は?フリーになったあとはどうなの?

アナウンサー

宇垣美里さん。先日TBSをやめてフリーになりました。彼女は性格がきつい、悪いなどとの噂があります。これらが本当なのか調べてみました。

宇垣美里のプロフィール

うがき みさと
宇垣 美里
愛称 うがみさ、ウガッキー、宇垣総裁
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
生年月日 1991年4月16日(28歳)
血液型 O型[2]
最終学歴 同志社大学政策学部
所属事務所 オスカープロモーション
職歴 元TBSアナウンサー
活動期間 2014年 –

宇垣美里の性格はきついか?

宇垣美里さんの性格はきついのでしょうか。

飲んでいるコーヒーをカップごと壁にぶつけたなどという噂があります。
ただこれはプロデューサーが入れてくれたコーヒーを流しに捨てたというのが真相のようです。


日頃の態度から尾ひれがついた、というところでしょう。
火のないところに煙は立たぬといいますからね。
物怖じしない態度が周囲の反感を買ったのかもしれません。

おそらく彼女は組織で生きていきづらい性質なのだろうと思えます。

きついかきつくないかというのは個人差がありますが、おそらくきついと思う人も多いでしょう。

宇垣美里の性格は悪い?

宇垣美里さんの性格を調べていったところ、こんな動画を見つけました。

色々辛いことがあるとお察しします。
「地獄」なんて普通は口から出てきません。
それは彼女が実際「地獄」を見たからなのでしょう。

周囲から性格が悪いとか、きついとか言われていれば、それは本人にとっても嫌なことでしょう。理不尽なこともたくさんあったのかもしれません。

実際、局のアナウンサーというのは、企業の一会社員でありながら、前に出る仕事であり世間から称賛も非難も浴びる仕事です。

宇垣さんももちろんそれを知ってアナウンサーになったとは思いますが、普通の会社員とは違い本人にかかるプレッシャーが半端ないと思います。


一会社員の立場を維持しつつ、視聴者からはタレントのような目線で見られます。それが良いのか悪いのかはともかくとして、実際問題、そういった好奇の目にもさらされるわけです。

また自己主張する性格であれば、社内でも軋轢を生んだであろうことは想像できます。

性格が本当に悪ければ、「地獄」なんて言葉は出てこないでしょう。
彼女は性格は悪くはないでしょう。

フリーになって

フリーになるということは、会社を背負わざるを得ない一会社員としてのしがらみから離れ、組織の中での立ち位置をなくすことです。自由になったところで一般大衆の好奇の目はそれほど変わらないかもしれません。けれど、本人にとって見れば自由の幅がかなり広がると言って良いでしょう。

こんな記事がありました。

<私に、私の生き方と違ったものを求めてくる人が近寄ってこないのは、私にとってすごく心地よいことですから>

引用 宇垣美里アナの「コーヒーぶちまけ事件」真相と「台本ぶん投げ事件」に見る凛々しさ

「こんなことして会社に傷がつかないか」

「会社の看板をしょっているのだから君はこうした方がよい」

これらは会社に所属して前線の仕事をしている人間であればある程度は思ったり言われたりすることと思います。それらから開放されることはかなり本人にとって楽になる、仕事に打ち込める感覚になるのではないでしょうか。

テレビ局をやめてフリーになったあとのインタビュー動画です。

2:22「見なかった景色をみるためにを飛び立ったと思っているので・・」

周囲の言ってることに振り回されずに、生きるのがいいですよ。自分の好きじゃないことをしている時間って、めちゃめちゃ無駄だと思いません?人生って短いですから。

引用 劇団雌猫. だから私はメイクする (Kindle の位置No.632-634). Kindle 版.宇垣美里

宇垣美里さんの今後の活躍を期待します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント