東京オリンピックのマラソン開催地のニュース関連で考えたこと

東京オリンピックのマラソン開催地が東京でなくなるかも?という議論があります・・・

東京オリンピックマラソン開催地は札幌で決定事項⁉

ニュースで端的な記載がありましたので引用します。

札幌での五輪マラソンは決定事項、IOC側が東京開催に「ノー」

【110月26日 AFP】国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ(John Coates)調整委員長は25日、東京都の小池百合子(Yuriko Koike)知事と会談し、2020年東京五輪期間中の猛暑対策として、マラソンと競歩の開催地を札幌に移す案は決定事項であると明言した。

 コーツ委員長は都民の「深い失望感」は承知しているとした上で、東京都があくまでも開催を主張しようと札幌移転案はすでに決定事項であると説明した。両競技が東京で行われる可能性は残っているか問われると、「東京都の意向は関係なく、意思決定されたこと」であるとして、「ノー」と完全否定した。

afpニュースより引用

 

開催地はオレたちが決めるんで。

 

開催地の首長?関係ない。

ニュースを見ていて、正直なところ「ハア?」と思いました。「東京都で行うのに、東京都の意向は関係ない」ですって?

言っている内容もおかしいですが、この、現場には知らされず、上から一方的に押し付けられるやり方はすごく違和感がありますし、このまま簡単に許すべきではないと思います。

こんなことが許されるのであれば、誘致などということはしないでもいいし、IOCの影響力が及ぶところで開催地を決定すれば良いことでしょう。

オリンピックは、たしかに前回の東京オリンピックのように、発展途上中の都市や国にとって見れば願ってもないイベントです。国威発揚の面もあるでしょう。そのイベントを実施できるだけの都市であるという国内外への発信も出来ます。

そのイベントを成功させるために競技場の整備、競技場までのインフラ、都市交通の整備、などなどを、いままでなかった場合は新設し、老朽化した場合は刷新もしくは修繕し体裁を整える、整えられる状況に置くことができるのです。

こういった点で利点はあります。

しかし、そもそもですが、なんのために誘致活動があるのでしょう。

東京が夏暑いなんてことは、ここ数年のデータを見れば明らかなはずです。招致にあたっては、もちろん良いことのプレゼンをするのでしょうから、あまりマイナスなことは東京側からはでなかったでしょう。しかし、決める側は、都市のプラス面、マイナス面を含めて議論し、それこそ天秤にかけて決定するはずでしょう。

なのに、開催まであと一年弱と迫ったこのタイミングでこういったことを言い出しますかIOCさん・・・

百歩譲って、決定権があるという自らが決めた開催地に不服があるなら、最後まで面倒見るまでの議論・具体案を提示して着地点を見出すくらいまでのことはしてほしいものです。

東京都と国

IOCが一方的に東京都に対して決定を突きつけている、この状況に国はどう考えているのでしょう。

 菅義偉官房長官は18日の記者会見で、2020年東京五輪のマラソンと競歩が札幌で開催される見通しとなったことに関し、開催地変更に伴う費用負担について「五輪東京大会は東京都が招致して開催するものだ。準備や運営は都と大会組織委員会が責任を持つものだと理解している」と述べ、都や組織委員会が負担すべきだという考えを示した。

産経新聞ニュース 五輪マラソン札幌開催費は「都と組織委の責任」 菅長官 

これはまたびっくりです。

 

オリンピック?都市が誘致したもので国は関係ない。

 

口は出すけどカネは出さないよ?

東京都と国の関係で、駆け引き、絡み合いがあるのかも知れません。しかし招致は東京都がしたこととはいえ、オリンピックは国の行事でもあるのではないでしょうか。少なくとも海外から見た場合の認識はそうでしょう。それこそ挙国一致で成功させる必要があるプロジェクトでしょう。

大局的な視点を持たず、縄張りだけ意識して「オレ知ーらね」では成り立たないのではないでしょうか。

オリンピックのあり方も考え直す時期に来ているのかも知れません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク