渡部篤郎の若い頃はイケメンだった!今はおじいちゃんに見える理由は?ドラマでは?

俳優の渡部篤郎さん。若い頃はイケメンでしたが今はおじいちゃん?と見紛うほどの見た目になっています。若い頃はとても格好よかったので、なぜこうなってしまったのか、理由を探ってみます。

渡部篤郎のプロフィール。

プロフィールを拝見してみます。

渡部篤郎 わたべ あつろう

本名、渡部 篤。東京都新宿区出身。

オフィスまとば→レティシア→スターダストプロモーション所属。

血液型はA型、身長は180cm、体重は73kg 。元妻はタレントのRIKACO。
生年月日: 1968年5月5日 (年齢 51歳)
生まれ: 東京都 新宿区
身長: 180 cm
配偶者: RIKACO (1994年 – 2005年)
子供: 渡部樹也、 渡部蓮

wikipedia

渡部篤郎さんは現在51歳。まだまだお若いです!

渡部篤郎さんの若い頃はイケメンだった!

渡部篤郎さんの経歴がまとまっていたので、上げておきます。

1991年にドラマ「青春の門」(テレビ東京系)でデビュー。1995年「静かな生活」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞と新人賞を受賞。主な作品に映画「スワロウテイル」、「愛する」、「落下する夕方」、「ケイゾク / 映画 Beautiful Dreamer」、「狗神」、「外事警察 その男に騙されるな」、ドラマ「毛利元就」、「ストーカー 逃げきれぬ愛」、「ケイゾク」、「ラビリンス」、「永遠の仔」、「愛なんていらねえよ、夏」、「白夜行」、「外事警察」、「東京全力少女」、「クロコーチ」、「ビター・ブラッド~最悪で最強の、親子刑事。~」、「銭の戦争」、「お義父さんと呼ばせて」「沈まぬ太陽」、「警視庁いきもの係」、「シグナル」などがある。2010年には映画「コトバのない冬」で監督・原案・主演を務めている。

ザ・テレビジョンより引用

すべてを拝見したわけではありませんが、それぞれ印象的な役どころを務めていらっしゃいます。

ケイゾクの真山さんなんか、カッコよかったですねー。

渡部篤郎さんはあの気だるいような話し方、ほのかに垣間見える優しさが、良いんですよねー。

顔ももちろんイケメンでしたが、なにかこう、危なっかしいような、周囲に何かを期待させてくれるような雰囲気もイケメンでした。

現在の渡部篤郎はおじいちゃん!

現在ドラマの木曜劇場『ルパンの娘』に出演されていらっしゃいます。

最近しばらくぶりに彼の姿を拝見して、目を疑いました。

あのカッコいい渡部さんが、一気に20〜30歳くらいお年を召してしまったかのようです。

どうみてもおじいちゃんにしか見えません。

役作りでそうされているのか、なにかショッキングな出来事があったのか・・

なにかの製作発表の席でもあの風貌でしたので、役作りというわけではなさそうです。

となるとなにか一気に老けさせる理由があったのか。

おじいちゃんの理由

よくよくお顔を拝見すると、若い時と違うのは、

メガネをかけていること、と、髪の毛です。

この2つが、彼をおじいちゃんに見せている原因と思います。

これを昔のように戻せば、あのカッコいい渡部篤郎さんが戻ってくる!

と思いたい・・です。

ドラマ【ルパンの娘】に出演

Q:今回、ご自身初の泥棒役に挑戦することになりますが?
「泥棒がメーンになるようなドラマもなかなかないので、とてもいい試みだなと思います。『ルパンの娘』というタイトルもとてもステキですね。僕ら世代は、“ルパン”という響きだけでワクワクしますので、今から楽しみです」

とれたてフジテレビ 木曜劇場『ルパンの娘』渡部篤郎コメント


泥棒の役ですから、危なっかしい雰囲気を今まで以上に出して、おじいちゃんを払拭していただきたく思います!

渡部篤郎さん、これからも素敵な俳優さんでいてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク