【福に憑かれた男】 をよんで

管理人のひとりごと

先日から、本棚の断捨離をしています。

数年前に読んだ本だったので、処分する前にもう一度読もうと思い、手に取りました。

途中からなぜか涙が止まりませんでした。

あとがきにある通り、おそらく事実を脚色したストーリーだったのだからでしょうか。

今の私にはとても堪える内容でした。

「人がたくさん来れば儲かるなんて商売なら今すぐやめたほうが良いぞ。」

本文より引用

今起きている試練は、
「今のままだとだめだよ」
「何かを変える勇気を持たなければすべてを失うよ」 というサイン

成功するという確実な未来はないけれど、

この経験がなければ手に入らないシアワセを必ず手にすることができるのは間違いない。

人間が1番成長できる瞬間、それはひとと出会う時。

とても良い言葉がたくさん詰まった良書でした。

今のままではイカンと思ったら、何かを変える行動を起こすこと、人と会うこと、を大切にしたいと思いました。

この本は処分せずに本棚に戻します。

またいつか人生のステージ?が変わった頃に再読したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント