女優の黒木華は経歴は?年齢は?どうしてパーマなの?【金曜ドラマ『凪のお暇』】


女優の黒木華さんについて、ネットで拝見する髪型がいろいろで、

とくにパーマの髪型が

芸術は爆発だ!(ちょっと古いですかね・・)

みたいに感じられたので、黒木華さんのことを気になって調べてみました。

黒木華さんのプロフィールです。

黒木 華は、日本の女優。
本名、同じ。

生年月日: 1990年3月14日 (年齢 29歳)
大阪府高槻市出身。
京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コース卒業。
パパドゥ所属。

Wikipedia

お名前は くろきはな ではなく くろきはる さんだそうです。

「春(はる)のように華やかに生きてほしい」との思いを込めて名付けられたとのことです。
知らなければ、読むのは難しいですね。
きちんと覚えます。

黒木華さんの経歴は?

幼いころより母に連れられて映画や芝居を見て育ち、兄弟やいとこと一緒に地域の児童劇団に参加し演技を褒められたことをきっかけに演技が好きになる。全国大会で優勝実績もある演劇の名門・追手門学院高等学校に進学して演劇部に所属し、「演劇部のエース」として1年時から3年間主役を務めていた。女優を志して卒業後は映画制作や演劇を学べる大学への進学を希望し、自宅から通える京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コースに進学、林海象東陽一らに師事して演技を学ぶ。

Wikipedia

その後

大学在学中に野田秀樹の演劇ワークショップに参加し、オーディションで『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして出演を決める。その後もNODA・MAPや阿佐ヶ谷スパイダースなどの舞台に出演。2011年には映画『東京オアシス』でスクリーンデビューを果たし、2012年以降は『シャニダールの花』『舟を編む』などの映画に出演。多くの新人俳優賞を獲得。2014年の第64回ベルリン国際映画祭では最優秀女優賞も獲得した。

引用 ザ・テレビジョン

年齢は29歳、高校1年から3年間演劇部のエースであったということですから、持って生まれた才能があったということですね。
すごいです。

そんな黒木さんは7月に金曜ドラマ 『凪のお暇』(なぎのおいとま) に主演で出演されるとのことです。

髪型がパーマなのは役作り

『凪のお暇』は、コナリミサトによる日本の漫画作品。『Eleganceイブ』にて、2016年8月号から連載中。また、同社のWEBコミックサイト『Champion タップ!』にて、2017年1月26日から2018年4月12日まで番外編を連載。累計部数は200万部を突破している。

Wikipedia

以下のお三方のコメントは映画ナタリーさんから引用させていただきました。

黒木華さんコメント:

原作を読ませていただいた時、純粋に面白くてすごくワクワクしました。
本当は空気を読むのが得意ではなくて、自分の気持ちが追いつかずにアップアップしてしまう凪ちゃんの気持ちなど、すごくわかるなぁという気持ちで感情移入してしまいました。このドラマを見てくださる皆さんに、凪ちゃんの姿に共感して、私も一歩踏み出して頑張ってみようかなと少しでも思ってもらえるように、明るく楽しく一生懸命頑張りたいと思いますので、どうぞご覧になってください。よろしくお願いします。

映画ナタリー

コナリミサト(原作者) コメント:

ふわりとした雰囲気の中に凛とした何かを感じて目が離せない……。と以前から思っていた黒木華さんが凪を演じてくださるとお聞きしたときはうれしくて拳を握りしめました。そしてビジュアル第1弾を見せていただいたとき「凪だ! 黒木華さんが!!」とその拳を空高く掲げました。ドラマ放送日が本当に本当にたのしみです。

映画ナタリー

中井芳彦(プロデューサー) コメント:

さまざまな作品で演じる黒木華さんの表情が頭からずっと離れず、いつかはご一緒したいと思いながら数年。この原作と出会った時に「これだ!」と、思いきってオファーさせていただきました。「空気を読みすぎる女」から卒業し、強く明るく生きようと奮闘する凪を是非お楽しみください。

映画ナタリー

原作者からも、プロデューサー氏からも演じることを望まれているのが伝わってきます。

黒木さんの髪型は原作の主人公にあわせて役作りのためにパーマにしたそうです。

役になりきろうとする黒木さんの演技、必見です。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク